第一タイヤ商会のHPへGO!

人気記事ランキング

密林の誘惑

archives

TPMS(タイヤ空気圧監視装置) TP Checker P405B の取付

TPMS (Tire Pressure Monitoring System・タイヤ・プレッシャー・モニタリング・システム)

タイヤの空気圧をリアルタイムで監視(モニタリング)できる機器です。

アメリカでは新車を売る場合には必ず装着するように義務付けられています。

フォードエクスプローラーの転覆事故が多発したのがきっかけです。


タイヤ交換してると、たまーにレクサスなんかで見ることがありますが、日本ではまだ一般的ではありませんね。

日本で販売されているBMWやメルセデスベンツなどでは、空気圧警報装置が付いている車種もありますが、あれはABSを利用したもので実際にタイヤの中の空気圧を測っているわけではありません。



えーっと、何お話でしたっけ??



ああ、TP Checker P405Bを取り付けた話でした。

TPMSの付いてない車に後付でTPMSを付けたいのだけど何かいい方法は無いですか?という問い合わせがありまして、おススメしたのが今回の商品になります。



パッケージを開けるとセンサー4つとモニターが1つ入っています。

センサーには電池が内蔵されており、タイヤの空気圧と温度をセンサーから無線で飛ばしてモニターに表示します。ちなみに電池の寿命は約5年です。電池切れになったらセンサーごと買換えます。

モニターの電源ケーブルがアンテナを兼ねているので、ケーブルは小さく纏めたりしないでなるべくまっすぐのばすのが取付の時に注意するところです。





取付完了〜。



モニターは見やすいところにでも貼り付ければOKです。

設定した空気圧以上になっても以下になっても警告音とディスプレイの表示でお知らせします。
タイヤの温度が高くなりすぎても警告してくれます。

数値でタイヤの状態を見るって結構新鮮ですよ。

夏なんかはあっという間にタイヤの温度が60度以上になったり、徐々に空気が減っていくのを見ることが出来るのは、安全意識の向上に一役買ってくれることでしょう。

安全意識の高い方や珍しいもの好き(笑)におススメの商品です。

TP Checker P405Bは定価42,000円です。(税別、取付工賃別途かかります)

アウディS4にサイドカメラ取付

アウディS4にサイドカメラを取り付けました。

はるばる広島からご来店いただきました。

ありがとうございました。



サイドカメラはいつものようにブルコンAV-FBC02を埋め込みました。

完成画像を取り忘れたので分解後にカメラを埋め込んだ時点で撮った写真を載せておきます。

というかこれしか写真撮ってなかったです。

サイドカメラはおかげさまで大好評で、かなりの数の販売取り付けをしております。

興味はあるんだけどなー、という方。

この機会にいかがでしょう?

スバルレヴォーグにマフラー取付。

スバルレヴォーグに持ち込みマフラーの取り付けをしました。



完成画像。純正に比べると非常に軽かったです。



外した純正マフラー、かなり重かったです。

タイコを抱えると中で水がちゃぽちゃぽと音を立てていましたが、あの水ってどのくらい走れば排出または蒸発するんでしょうね?

持ち込みマフラーの取り付けもお待ちしております。

取付すっきり!セパレートタイプドライブレコーダー

コムッテクからセパレートタイプのドライブレコーダーが発売されました。

ドライブレコーダー HDR-111S




 
フロントガラスにごちゃごちゃ取付したくないけどドラレコ欲しいという人にピッタリのモデルです。

最大12時間の駐車監視モードもあり、セキュリティー志向の高い方にもぴったりです。(※設定動作時間内でも車両バッテリー電圧が、設定した電圧を下回ると自動で動作を停止し、車両バッテリーを保護します。

本体に2.5インチの液晶画面があるので、その場で録画映像を確認できます。普段はグローブボックス内に固定しておいても大丈夫です。

別売オプション「GPSユニット」を接続することで自車の走行速度や位置情報を録画データと共に記録します。また日時情報もGPSにより自動で補正されるため、設定を行う必要がありません。

本体価格 25,800(税別、取付工賃が別途かかります)

ステップワゴン(RP)にコーナーセンサー取付

ステップワゴン(RP)にデータシステム製コーナーガイドセンサーCGS252-Mを取り付けました。



完成画像です。

CGS252-Mにはセンサーが2個しか同梱されていませんので、後用に2個センサーを追加しました。それと、商品のままだとセンサーの色が黒なので車体色に合わせて色を塗りました。









わくわくゲートのせいで後ろのセンサーの取付位置はかなり制限されます。
前後共に純正のセンサー位置と同じになっています。

なぜ純正と同じ位置にセンサーを設置できるかというと…。




バンパーの裏側に印があるからです!
画像中央の○印に+マークが純正のコーナーセンサーの穴あけ位置です。
後付する場合はこれを目印に穴あけをすれば簡単にセンサーの位置決めが出来ます。

便利ですね。

私はバンパーを外して初めてその存在に気付いたわけですが…(バンパー外すまでにかなりの時間をかけて外側からあーでもないこーでもないと悩んだ時間は全て無駄となりました)

ちなみに
オーディオ周りのパネルなんかは非常に硬くて外しにくいホンダ車ですが、バンパーはすごく簡単に外れました。



ねじ止めは左右2カ所のみであとはクリップのみという簡潔さで固定されてます。



CGS252-Mは距離表示モニター付きセットなので、お客様のご希望で見やすい位置に設置。前後左右のセンサーから一番近い障害物の距離を警告音と共に知らせてくれます。

この商品はセンサーの数を6個まで(前2個後4個)まで接続することができるのですが、わくわくゲートのせいで後4個の設置は無理ということで今回は見送りました。



と、ここで取付で不思議に思ったことが一つ。



説明書にはC1〜C4,R1R2のセンサーの接続方法と、車のどの位置がC1などに対応するのかという図解が載っています。まあ、ここいらを適当に付けてしまうと、本当は右前に障害物があるのに距離モニターには左後ろが反応してしまうなんてことが起こりかねませんから、当たり前のことなんですが…。

実際のセンサーのケーブルには全て「C2」と印刷されているという謎。



オプションで買い足した2個のセンサーにも同じ印刷がされてたので、このC2という印刷は取付の時にセンサーの取付位置を区別するためのものではないのではないかと思います。

紛らわしいですねー。



トヨタプラドにフロントカメラとサイドカメラその他取付

 トヨタプラドにフロントカメラとサイドカメラその他の取付をしました。



全体像を撮るの忘れたんでグリル部分をアップ…

ディーラーオプションナビの「NSZN-W64T」に

ケンウッドマルチビューカメラ CMOS-320
ブルコン埋め込み小型カメラ AV-FBC02

を、データシステム カメラ入力ハーネス SCH019Tを使用して接続しました。

フロントカメラは純正っぽく埋め込みたいというお客さんのご要望から…



トヨタマークの下に



このように埋め込みました。

ちなみにカメラの映りの方は



こうなります。

サイドカメラはいつものようにサイドミラー下に埋め込み



このような仕上がり、暗くて見えにくいですが…。



サイドカメラの映像です、角度調整前のですが…。

ディーラーオプションナビにデータシステムSCH019Tを使用して、フロントカメラとサイドカメラを取り付けると、SCH019Tに付属の小型スイッチでカメラの切り替えをするようになるのですが、今回は純正のステアリングリモコンのカメラ切り替えボタンに配線を回してステアリングリモコンからカメラの切り替えが出来るようにしました。



ステアリングリモコン付きステアリングも今回同時に交換して純正ナビの操作が出来るように配線加工をしています。



モードボタンの下のカメラのマークがついているのがカメラ切り替えボタンになります。

ほとんどの操作をステアリングで出来るようになったので使い勝手は向上したのではないかと思います。

その他の作業として、クルーズコントロールスイッチの取付とトヨタ純正のiPod対応USBコネクターの取付、シフトノブ前のカップホルダーにLED照明の追加加工をしました。

ありがとうございました。


RPステップワゴンにナビ・サイドカメラ取付

RPステップワゴンにケンウッドMDV-Z702とサイドカメラの取り付けをしました。



いきなり取付完了の図。



サイドカメラはお馴染みブルコンAV-FBC02です。

ケンウッドMDV-Z702は別売品のAVプリアウト拡張ケーブルKNA-15AVをナビ裏に接続することでフロントカメラの接続が可能になるので、今回はそこにサイドカメラの映像を入力します。

サイドカメラへの切り替えはナビ画面の上からスイッチを引き出すようにフリックすると切替ボタンが出てきます。



しかしこの方法…、説明書を見なければ絶対に分からないと思います。

私は営業さんに教えてもらいました。


今回の取り付けではナビ裏から出ているUSBコードの末端をナビの下に四角い穴をあけて埋め込んでみました。



純正っぽいというのは言い過ぎか…。



最近のナビの取り付けで結構悩むのがこのUSBケーブルだったりします。

グローブボックスに入れたり、適当なとこに垂らすのも良いかもしれませんが、使い勝手以前に見栄えが悪い…。使っていないスイッチの蓋と入れ替えてUSBポートみたいにするような商品も売られていますが、スイッチの有る位置ってたいてい運転席側に偏っていて、そこにUSBポートを作っても使い勝手はイマイチだったりしますので、だったら好きなところに穴をあけてUSBポートっぽいものを作ってしまえばいいじゃない?

というのが動機だったりします。

オーナー様もUSBケーブルの取り回しには悩んでおられたようで、今回は私の方からご提案してこの方法を採用していただきました。




写真はにRGステップワゴンです(自分の車)。同じことをやっていますが…、便利だし見栄えがいいのでかなりお気に入りです。

しかし、RPステップワゴンのパネルってものすごく分厚いんですよね、なので結構時間がかかりましたが綺麗に埋め込めたのではないかと思います。




おまけ

保安基準の関係でしょうか?
RPステップワゴンの左サイドミラーの根元はミラーになっていて、車内の助手席側Aピラーの根元にあるミラーで車の左前の死角を見れるようになっているのですが…




見にくかったです、慣れるとそうでもないんでしょうかね?





ありがとうございました。

RPステップワゴンにフリップダウンモニター取付

RPスッテップワゴンにアルパインTMX-RM3005Sの取り付けをしました。

取付キットはマッハワンさんの取付キットを使用しました。

商品は当店にてお買い上げいただきました。
ありがとうございます!

 

納車したての新車です。



取り付けるもの



新車の天井を切り取るのって何度やっても緊張します。



完成です。

このお車にはナビその他の取付をしたのでその様子はまた後日アップします。

プリウスに埋め込み型サイドカメラの取付

 プリウスに埋め込み型サイドカメラ AV-FBC02を取り付けました。

遠路はるばる広島からお越しいただきました。

ありがとうございます!



今回取り付けたものたち

ついでにということでテレナビキャンセラーとLEDフォグランプまでお買い上げいただきました。

本当にありがとうございます!

トヨタ純正ナビでしたのでデータシステムサイドカメラ接続ハーネスSCH019Tを使用しました、電話での問い合わせの時に純正ナビの型番を教えていただけましたので、スムーズに商品のご提案やご説明をさせていただくことが出来ました。

本当に助かりました。

サイドカメラの場合は純正ナビか社外ナビかで見積もりが変わってきますし、純正ナビでもメーカーオプションナビなのかディーラーオプションナビなのかでまた見積もりが変わりますので…。



で、取付後の写真です、カメラの角度の最終調整中…、カメラに付属しているU字型の金具で取付後にカメラの映像を見ながら角度を調整できるのが「埋め込み型カメラAVFBC02」の利点ですね。



カメラの視野角が上下140°ありますので、調整の仕方によっては左斜め前方まで映すことも可能です。

サイドカメラ接続ハーネス付属のスイッチを押すとサイドカメラの画像に切り替え可能です、他にも時速が20キロ以下になると自動的にサイドカメラの画像になるようになったり…といった使い方も出来ますが、詳しくは純正ディーラーオプションナビの機能次第になりますので、トヨタのディーラーオプションナビが付いてて「サイドカメラを付けたいなー」と思ってる人はナビの説明書を見るといいかもしれません。


3時間〜4時間で取付完了しました。

この度は遠く広島からお越しいただき誠にありがとうございました。



あ!!LEDフォグにしたのに写真を撮り忘れました…。

6500ケルビン2000ルーメンのLEDは明るかったです…。

デミオ(DE)にケンウッドU300MS取付

マツダ デミオにケンウッドU300MSを取り付けました。

商品は当店にてお買い上げいただきました、ありがとうございます!





取付完了の図

ケンウッドU300MSは原音FLACフォーマットにも対応していて、高音質な音源を楽しむことが出来ます。それからこのU300MSはデジタルデバイスモデルなのでCDなどの円盤を再生する機構がありません。


右が外した純正デッキ、左がU300MS

CD入れなくていいので本体の奥行きが従来の2/3くらいになってます。

まあ、取り付けてしまえば分からないんですけどね…。

ちなみに本体価格は1万円以下です、気軽に高音質を楽しみたい方におすすめです。

<< | 2/31PAGES | >>

ブログパーツ