第一タイヤ商会のHPへGO!

人気記事ランキング

密林の誘惑

archives

ヘッドライトバルブをHIDからLEDに換装しました。

スバルインプレッサスポーツワゴンWRXSTiのヘッドライトをHIDからLEDに換装しました。



20年前の車です。懐かしすぎて上に書いた車種名が正確なのかどうかも分かりません(笑)

この車は約10年前にハロゲンからベロフのHIDに交換しました。
最近になって左側のヘッドライトが消えなくなったそうで…
まあ、10年も使えば寿命だろうということでLEDに交換することになりました。

10年前にHIDを取り付けるときにバンパーを外して徹底的に後付感の無いように取付をしたので、HIDを完全に外すには今回もバンパーを外さなければなりません…、このインプレッサ…昔の車だからか?スバルだからか?分かりませんがバンパー外すのがすごく面倒です(笑)

今時の車のバンパーは樹脂で出来たバンパーのガワだけ外れるようになっていて、その固定方法もクリップと一部ネジのみで慣れれば短時間で外すことが出来ます。
バンパーが樹脂のみで出来ているのは万が一歩行者をはねたときになるべく歩行者へのダメージを少なくするためです。歩行者傷害軽減ボディーと言われるもので車のパッシブセーフティーという概念からこのような壊れやすい作りになっています。

しかし、このインプレッサのバンパーは内部に鉄のフレームが入っていて、フレームを車のシャーシに中に差し込んで、でっかいボルト左右2本で固定されています。


写真真ん中の縦長の穴にバンパーと一体になった鉄のフレームが刺さりバンパーは固定されます(笑)
見た目のバンパーは樹脂製ですが、内部には強固なフレーム入り…、20年前ってパッシブセーフティーの概念って無かったのかしら?

車にはねられるなら20年前のインプレッサは避けた方がよさそうです(笑)


バンパーを外し



車の奥に取り付けたHIDの部品を外します。


バラスト、イグナイタ、コントローラーにバッ直の配線…
HIDの取り付けって大変なんですよ!


今回取り付けるLED
スフィアライトのH4ハイロー切替
車検対応
片側2400lm
色温度6000ケルビン
HIDで言うところの35W相当の明るさです。



部品はこれだけです。
HIDと比べるとなんと部品数の少ないことでしょう…。
右側は今までつけていたベロフのHIDバルブのみです。



取り付け終了〜
今回は壁?を照らして明るさを見ることが出来ました。

LEDはレスポンスが良いので点灯してすぐに明るいのがいいですね。



スフィアLEDヘッドライト

H4 H/L切替 19,800円(税別)

H4 H1 H3 H7 H8/H11/H16 HB3 HB4 17,000円(税別)

好評販売中です。

スポンサーサイト

  • 1970.01.01 Thursday
  • -
  • 11:44
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
色々無理をお願いしてしまってすいませんでしたm(__)m
雨の日の夜に試走する機会があったんですけど、やっぱホワイトハロゲンとは全く違いますねー。
ちゃんと「点けている」のが分かります。
#ホワイトハロゲンだとスイッチ確認しちゃったりしてましたし(^-^;

バンパーの固定方法…イマドキはそうなんだなー、と興味深く拝見しつつ…規制する側もメーカー側も色々な方策が試行錯誤しつつ、かつメーカーとしては「市販車」として「売れる商品」として同時に成り立たないといけないし…な面をちょっと考えたり。

GF8買ったアトに改めてスバルが好きになったのは、当時では全く評価されなかったであろう項目も地道に研究してたってコトなんですよねー。なんせ初代レオーネの時代から対歩行者安全のテスト方を模索していたと分かったので。
https://www.youtube.com/watch?v=gtgBddo-fCo
#当時検討されたのは、歩行者保護用のバンパーだったらしいですが、結局採用はされませんでしたけど

色々面倒臭い…のは多分『スバルだから』って気もしますがw
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

ブログパーツ