第一タイヤ商会のHPへGO!

人気記事ランキング

密林の誘惑

archives

パンク修理(内面修理・外面修理)

今回はパンク修理の手順を紹介します。

パンク修理には外面修理と内面修理の2つの方法があります。

文字の通り外側からの修理と内側からの修理なわけですが、まずは内面修理から紹介しましょう。

cimg4388.jpg

 cimg4391.jpg
内張り修理用のパッチです。
これは内外面両方が修理できるように軸の部分にも特殊な処理が施されています。
これを内側から差し込んで修理するわけですが、今回の物件は・・・。

cimg4386.jpg

パンクしたタイヤの内側の画像です。刺さった物が細かった場合はどこに穴が開いたかほとんどわからないことがあります。このままだとパッチが差し込めず修理が出来ないので。

cimg4399.jpg
カーバイドカッターという特殊な刃先のドリルで穴を広げます。

cimg4393.jpg
穴が広がったら裏側の処置を始めます、まずはチョークでアタリを付けます。

cimg4394.jpg
アタリを目安にタイヤの裏側を削ります。

cimg4402.jpg
こんなもんかな?

cimg4407.jpg
専用のセメントを塗布し、生乾きぐらいの時にパッチを差し込み、専用のローラーやハンマーを使ってしっかり押さえつけます。

cimg4403.jpg
外側から見たらこんな感じになります。出てるところは後で切ります。

cimg4409.jpg
裏側の削ったところはインナーライナー補修材を塗布します。乾燥すると黒くなります。

cimg4411.jpg
インナーライナーの補修材「セキュリティーコート」です。毎回少ししか使わないので全然減りません。

cimg4418.jpg
軸を2〜3ミリ残して切り取りパンク修理終了です。
この後、タイヤを組み込みバランスを取って作業終了になります。パッチの分だけバランスが悪くなってますので・・。
作業時間20〜30分ぐらい。

次は外面修理を紹介します。
cimg4991.jpg
ボルトが刺さってパンクしたタイヤの修理です。

cimg4992.jpg
パンクした穴を特殊なキリを使って整えてから、このようなゴムの棒を

cimg4993.jpg
差し込みます。
ゴムの棒には特殊な処理がされていて、専用のセメントと強力に反応してパンクの穴を塞ぎます、このセメントは速乾性でゴム棒に塗った瞬間から反応が始まりほとんど待つことなく修理が完了します。

cimg4994.jpg
この状態でもう穴は塞がっています、空気漏れはありません。出っ張った部分を切り取って修理完了です。
作業時間5〜10分ぐらい。

内面修理と外面修理のメリットデメリットをまとめてみると。

内面修理のメリット
確実に修理できる。
タイヤの内面を見て修理できるので安心。

内面修理のデメリット
時間がかかる。
費用が高い。

外面修理のメリット
短時間で終了する。
費用が安い

外面修理のデメリット
慣れない人がやると失敗することもある。
パンクしたタイヤの中を見ないまま修理するので不安。

といったところでしょうか?
当店では基本的に外面修理で対応してます。お客様が希望されたり外面修理では対応できない場合には内面修理にて対応しています。

金銭的にお客様の負担も少なく短時間で作業が終わりますし、上にあげたデメリットの部分は私が作業する限りデメリットになりませんので。

パンクしたタイヤはどこまで使えるの?という質問をよくされますが、適正に処理されたパンク修理(内面外面両方)はタイヤの寿命まで使い切ることができます。

それから、タイヤのサイドに釘などが刺さると内面でも修理できません、残念ですが新しいタイヤに交換となります。


スポンサーサイト

  • 1970.01.01 Thursday
  • -
  • 11:54
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

ブログパーツ