第一タイヤ商会のHPへGO!

人気記事ランキング

密林の誘惑

archives

いすゞエルフにHIDの取付

いすゞエルフ 24V車にHIDの取り付けをしました。

 

 

BTSの24V対応HIDコンバージョンキットを使用しました。

 

H4ハイロー切替式 28,800円(税別)

 

 

ハロゲンバルブとは比べ物にならないくらい明るくなりました。

 

 


ブリヂストンレグノGRV競察璽

ブリヂストンレグノGRV兇離察璽襪鬚靴討ります。

 

 

レグノGRV兇箸

 

高い静粛性と優れた乗り心地のレグノのミニバン用レグノ

静粛性はと乗り心地はそのままにミニバン特有のふらつきを低減しています。

ミニバンはタイヤの騒音が入りやすい構造なのですがレグノRGV兇覆蕕仞鼎な車内空間をつくることが出来ます。

 

タイヤのことをちょっとでも知っている人ならレグノって良いタイヤだけど値段がなー。っと一度は思ったことがあるのではないでしょうか?あの憧れのレグノを大特価価格にてセール中です。

 

例えば…

 

215/65R16 95H

 

メーカー希望小売価格は1本25,500円(税別)ですが

 

なんと!

 

1本16,500円(税別) 

※別途交換工賃バランス料廃タイヤ処理料がかかります。

 

その他サイズも大特価価格にてセール中です。

 

この機会にぜひ高級タイヤのレグノを装着してみませんか?

 

注:すべて取り寄せとなります。

  ご注文から商品が当店に入荷するまで1週間くらいかかります。

  カード払い不可です、現金払いにてお願いいたします。

  発注いただいた商品はいかなる事情が有ろうともキャンセルできません、ご了承ください。


レクサスGS450hにフロントカメラとサイドカメラ取付

レクサスGS450hにフロントカメラとサイドカメラを取り付けました。

カメラの画像はレーダーに出力させます。

 

 

今回のお客様は久留米からお越しくださいました。遠くからありがとうございます。

 

 

レーダー セルスターAR-383GA

コネクター変換ケーブル セルスターRO-106

マルチカメラスイッチャー データシステムCSW294

サイドカメラ ブルコン AV-FBC02

フロントカメラ ケンウッド CMOS-320

 

それと写真撮り忘れましたがテレビキャンセラーも同時に取り付けました。

 

フロントカメラはここに…ケンウッドのCMOS-320にはナンバープレート取付ステーが付いていませんので…。

 

 

サイドカメラはいつものようにサイドミラーに埋め込みます。

 

いつもサイドミラーをここまでばらします。

 

 

ばらしてから純正の配線と同じように配線を通します。

サイドミラーは格納するためにモーターで可動しますので、純正と同じように配線を通せばカメラの配線が突っ張ったり引っ張ったりすることがありません。

 

 

サイドミラーにカメラを埋め込み、ドアから室内に配線を通します。

 

左がデータシステムのマルチカメラスイッチャーのスイッチ、ボタンが2個ありますが下のボタンでカメラのオンオフ、上のボタンでカメラの切り替えが出来ます。最大3個までカメラをつなぐことが出来て出力も2つあります。

 

右はお馴染みのケンウッドの視点切替のスイッチです。カメラの各種設定もこのボタンでやります。

 

 

完成です。

 

今回のお客様は2015年9月10日のこのブログの記事をご覧になってご来店してくださいました。

 

たった1年前のことなのに…レーダーは新商品になってるし、アルパインのフロントカメラは使えなってるし、データシステムからは結構使えそうなカメラスイッチャ―が出てるし…。同じ車に同じようにフロントカメラとサイドカメラを付けようとしただけなのに思いのほか時の流れを感じてしまう取り付けとなりました。

 

この度は遠路はるばるお越しいただきましてありがとうございました。


新型スマートフォーツーに9インチナビ取付

新型スマートフォーツーにパナソニックSDナビ CN-F1D を取り付けました。

 

 

 

大工事が必要ですが…。

 

新型スマートフォーツーにもナビ取り付け可能です。

ステアリングリモコンで音量の調節も可能です。

 

新型スマートの純正オーディオではCDの再生すら不可能ですから便利になると思います。

 

お問い合わせお待ちしております。

 

 

 

パナソニック CN-F1Dは幅広い車種で9インチの大画面ナビの取付が可能ですので

今まで専用のキットが無いから8インチ以上のナビの取り付けを諦めていた方にもおススメです。

 

 

 

 


カーセキュリティーHORNET 728V2を取付

マツダロードスターにカーセキュリティシステム HORNET 728V2を取り付けました。

 

 

当初は純正キーレス連動の310Vを取り付ける予定で、実際に取り付けたのですが残念ながら車両側との相性が悪く正常に動作しなかったので、728V2へ変更となりました。

 

ちなみに310Vは純正キーレスでセキュリティのオンオフが出来るのが特徴で、セキュリティ専用のリモコンを持つ必要がありません。しかしながら、純正キーレスでドアをロック/アンロックしたときにハザードランプが点滅する車でないと取付が出来ないのと、純正キーレスでロック/アンロックした際に点滅するハザードランプがロック/アンロックした際よりも早い場合、本製品が正しく作動しない場合があるので取り付ける前に注意しないといけません。今回の車両ではハザードランプの点滅がロック/アンロックの動作よりも早かったらしく正常に作動しませんでした。

 

728V2はセキュリティ専用のリモコンがあるモデルなので車両を選ばずに取付出来るのが特徴です。取り付ける車両がオプションのドアロックモジュールに対応していれば専用リモコンから車両のドアのロック/アンロックをすることも出来ます。

 

 

お客様のご要望でドアのロック/アンロックもセキュリティーのリモコンから出来た方が使い勝手が良いので…、ということでドアロックモジュールとリレーも取り付けました。

 

 

最初は本体内蔵の2段階衝撃センサーが上手く動作せず、お客様に2度3度と来店していただきましたが最終的には満足のいく動作をするようになりました。

 

ありがとうございました。


セパレートタイプドライブレコーダーコムテックHDR-111S

コムッテク ドライブレコーダー HDS-111S

セパレートタイプのドライブレコーダー

 

大人気商品です。

 

その特徴は、なんといってもカメラと本体が別々のセパレートタイプというところです。

 

ドライブレコーダーは付けたいけど、モニター一体型の大きなドライブレコーダをフロントガラスの真ん中あたりに取り付けるのは抵抗があるなぁ〜。

 

という方は多いのですが、そんな方にピッタリのドライブレコーダーです。

 

しかも、常時電源からも電源を取るので、エンジンを切って車から離れていても

 

最大12時間録画が可能な駐車監視機能付きです。

 

今までもドライブレコーダー本体にバッテリーを内蔵した駐車監視機能付きのものもありましたが、エンジンを切ってからの録画時間が30分程度のもので、コンビニとかちょっとした買い物の時の監視ぐらいしか出来ませんでしたが、12時間も録画時間があるなら一晩中録画もできますよね。

 

でも、12時間もドライブレコーダーの電源が入ったままで車のバッテリーが上がるんじゃない?

 

と思うでしょ?

 

コムテックHDS-111Sは本体で設定した電圧になると、駐車監視中でもドライブレコーダーの電源が切れる

 

バッテリー保護機能も搭載

 

しているのでバッテリー上がりの心配はありません。

 

 

というわけで、今回はマツダロードスターにHDS-111Sを取り付けました。

 

 

カメラだけフロントガラスに貼り付けるので視界の妨げになりません。

 

 

本体はグローブボックス内にマジックテープで固定します。

 

車に衝撃があった時の録画を保護するためにGセンサー内蔵なのでどこかに固定しなければなりませんが、一度設定をしてしまえば本体に触ることもあまりないので見えないところに固定でいいと思います。さらに車内がすっきりしますね〜。

 

コムテックドライブレコーダー HDS-111Sは本体価格25,800円(税別)です。

 

取り付け工賃が別途かかります。


ランフラットタイヤにまつわるホイールの話

タイヤのネタは久しぶり…。

 

大した話じゃないんですが。

 

255/30R19 のランフラットタイヤの交換をしました。

 

持ち込みです。

 

 

タイヤの硬さでは凶悪なくらいのブリヂストンポテンザ、さらにランフラットタイヤの30扁平ということで、どんだけ硬いんだろうとワクワクしながら組み換えしましたが、あっけないくらいに「スポン」と嵌って拍子抜けしました。

 

 

まあ、最近はタイヤの硬さよりもBMWのホイールのハンプがえぐいことになってるからビード落としが面倒です。

うちのアーティグリオマスターだとビードが落ちない場合があります、勘弁してほしい。

 

ランフラットタイヤを使う前提のホイールはタイヤの空気圧がゼロでもホイールからタイヤが外れないようになってるんですが、自然と外れにくいということは人為的にも外れにくいということで…。

 

詳しくはこちらの記事が参考になると思います。

 

BMW EH2 EH2+ ハンプ

 

ベンツはこんなことないのになー。


メルセデスベンツCクラス(W204前期型)に2DINナビ取付

メルセデスベンツCクラス(W204前期型)に2DINナビの取り付けをしました。

 

 

 

ナビはケンウッドMDV-D403(特定販路向け製品)

ワンセグチューナー搭載、Bluetooth内蔵、DVD、USB、SD対応

 

純正バックカメラのレンズが劣化で黄ばんでいて映像が見にくくなっていたので、一緒にバックカメラも新調しました。

 

レンズの劣化した純正カメラ

 

今回新調したケンウッドCMOS-C230

 

純正バックカメラを外して同じ位置に取り付けました。

 

新しいカメラは明るくて見やすいですね。

 

 

ステアリングリモコンも使えるようになっています、全ての機能ではありませんが…。

今回は右側のボタンは全て割り当て出来ますが、左のボタンは上下▲▼しか割り当てが出来ませんでした。

しかし、D403は(反応がある)ステアリングリモコンのボタンにお好みの機能の割り当てができる学習機能があるので、後はお好みでって感じですね。

 

ちなみにダッシュボードの開閉式純正モニターは閉まったままになります。

 

W204前期型へのナビ取付は、ナビの値段によってはかなり低コストで取り付け可能になりますのでご興味のある方はお問い合わせください。


ヘッドライトバルブをHIDからLEDに換装しました。

スバルインプレッサスポーツワゴンWRXSTiのヘッドライトをHIDからLEDに換装しました。



20年前の車です。懐かしすぎて上に書いた車種名が正確なのかどうかも分かりません(笑)

この車は約10年前にハロゲンからベロフのHIDに交換しました。
最近になって左側のヘッドライトが消えなくなったそうで…
まあ、10年も使えば寿命だろうということでLEDに交換することになりました。

10年前にHIDを取り付けるときにバンパーを外して徹底的に後付感の無いように取付をしたので、HIDを完全に外すには今回もバンパーを外さなければなりません…、このインプレッサ…昔の車だからか?スバルだからか?分かりませんがバンパー外すのがすごく面倒です(笑)

今時の車のバンパーは樹脂で出来たバンパーのガワだけ外れるようになっていて、その固定方法もクリップと一部ネジのみで慣れれば短時間で外すことが出来ます。
バンパーが樹脂のみで出来ているのは万が一歩行者をはねたときになるべく歩行者へのダメージを少なくするためです。歩行者傷害軽減ボディーと言われるもので車のパッシブセーフティーという概念からこのような壊れやすい作りになっています。

しかし、このインプレッサのバンパーは内部に鉄のフレームが入っていて、フレームを車のシャーシに中に差し込んで、でっかいボルト左右2本で固定されています。


写真真ん中の縦長の穴にバンパーと一体になった鉄のフレームが刺さりバンパーは固定されます(笑)
見た目のバンパーは樹脂製ですが、内部には強固なフレーム入り…、20年前ってパッシブセーフティーの概念って無かったのかしら?

車にはねられるなら20年前のインプレッサは避けた方がよさそうです(笑)


バンパーを外し



車の奥に取り付けたHIDの部品を外します。


バラスト、イグナイタ、コントローラーにバッ直の配線…
HIDの取り付けって大変なんですよ!


今回取り付けるLED
スフィアライトのH4ハイロー切替
車検対応
片側2400lm
色温度6000ケルビン
HIDで言うところの35W相当の明るさです。



部品はこれだけです。
HIDと比べるとなんと部品数の少ないことでしょう…。
右側は今までつけていたベロフのHIDバルブのみです。



取り付け終了〜
今回は壁?を照らして明るさを見ることが出来ました。

LEDはレスポンスが良いので点灯してすぐに明るいのがいいですね。



スフィアLEDヘッドライト

H4 H/L切替 19,800円(税別)

H4 H1 H3 H7 H8/H11/H16 HB3 HB4 17,000円(税別)

好評販売中です。

車検対応!LEDヘッドライトコンバージョンキット

ちょっと前までは暗くてなかなかに使えなかった後付LEDヘッドライトでしたが
最近ようやく車検対応のモノも出てきたのでうちでも取り扱いを始めました。

純粋な明るさという点ではまだHIDの方が明るいですが
レスポンスの良さ(パッシングが出来る)省電力、取付の安易さではLEDの方が優れています。


当店おすすめのLEDヘッドライト

BTS LED HEAD LIGHT CV Z9L


製品の特長

◆車検対応となる基準値を楽々クリアー
・ロービーム規定値:6,400cd以上 → Z9L計測値:20,000cd
・ハイビーム規定値:15,000cd以上 → Z9L計測値:45,000cd

◆ずば抜けた照射力
・LEDチップはフィリップス製、2600lmはHIDに迫る明るさ。

◆熱対策
・LEDの熱対策は性能や長寿命を大きく左右する重要なポイントです。
・Z9Lには熱伝導性に優れたカッパ―ベルトを採用したことで優れた冷却性能を実現しました。

◆装着性
・カッパ―ベルトが柔軟に可動するため、取付スペースが狭い車でも装着が可能になりました。(しかしながら一部の車種では装着できないこともあります)

価格 
H1 H3 HB H8-16 H7
24,800円(税別)

H4H/L
34,800円(税別)

取付工賃が別途かかります。




フィアット500に取り付けたときの画像です。
ロービーム(上側H7)とハイビーム(下側H1)両方をLEDに交換しました。

写真…、こっち側から撮ったら意味ないやろ!と突っ込まれる前に自分で突っ込んでおく(笑)
普通は壁なんかを照らして明るさをアピールするような写真を撮るべきなんですが…

バンパー外したり、スペースの関係から取付が結構面倒だったり、途中でナフコに走ったりで取付に3時間かかってしまい、取付完了したときにはヘロヘロでこんな写真を撮るので精一杯でした…。

お客様からは「明るい!」とのお言葉をいただきました。

ありがとうございました。

| 1/31PAGES | >>

ブログパーツ